■  ゲルマニウムとは


ゲルマニウムとはなんでしょう。これは、ドイツの化学者が1800年代に発見した半導体元素の一つです。これは、銀の鉱石であるアルジロダイドから発見されました。長い間、このゲルマニウムは、トランジスタやダイオードの製造時に、工業用物質として使われてきました。

しかし最近になって、それとは全く違う用途で使われるようになってきたのです。その新しい用途の目的は医学的なものです。ゲルマニウムの電子的な性質を利用したものですが、血液の流れをよくする働きがあるのです。これを利用し、最近ではゲルマニウムが日常の生活の中でさまざまなところで取り入れられるようになってきたのです。ゲルマニウムを体に貼っていると、その電子が人体に流れている生体電流に触れて、こりや痛みの原因になる神経細胞のバランスの乱れを正常に近づける働きを発揮し、神経細胞を活発にする働きがあるのです。

こうした作用を利用して、肩こりや痛みの解消のために積極的にゲルマニウムを使っていこう、という動きが出てくるようになりました。私たちが最近日常の中で耳にすることの多いゲルマニウムは、本来の意義よりも、こうした医学的な用途において活用されていることが多い、ということをしっかりと把握しておきましょう。

ゲルマニウムはさまざまな使い方がありますので、さらにどのような性質を利用してどのように使うのか、ということを見ていきましょう。決して歴史の古い物質とはいえないゲルマニウムですが、大きな役割を果たしていることがわかります。

スポンサードリンク
  

■ 本サイト人気コンテンツ

★ 種類と特徴
★ ゲルマニウム温浴とは
★ がん治療に効果あり?!
★ 飲む量の目安

■ 健康関連最新ニュース

家庭の医学、健康コラム、大衆薬、処方薬の効能、病院検索。 ... 健康診断 - 医療保険 - 美容 - ダイエット - 医学 - 検診 - 歯科 - 新陳代謝 ... 健康に役立つ情報をチェック! Yahoo!ヘルスケアスタッフブログで読む最新の話題 ...