■  種類と特徴


ゲルマニウムという物質は、実は私たちが目にすることはできない物質です。というのは、自然界に広く分布しているのですが、目に見える形として存在していないからです。鉱石としても存在していません。実は、ほかの物質に紛れ込むという形で存在しているのです。

ですから、どのような形でどのような色であるか、ということは示すことができないのです。そんなゲルマニウムですが、その大きな特性はどのようなものでしょうか。大きな特性は、半導体である、ということです。半導体である、というと抽象的でわかりにくいですが、電機を通したり通さなかったり、ということに関係している物質です。

条件によっては電気を通さずに絶縁体として使うことができ、また逆に、電気を通す導体になることもあるのです。また、ゲルマニウムについて大きく種類を分けると、無機ゲルマニウムと有機ゲルマニウムに分けることができます。無機ゲルマニウムと有機ゲルマニウムでは、分布している場所も違いますし、その特性についてもかなり違う点があるようです。

ゲルマニウムと取り扱う場合には、まずはこの無機ゲルマニウムと有機ゲルマニウムの違いを認識して分別してみるようにしましょう。分布しているところも違えば特性も違うものですから、その用途も違う、ということは想像できるのではないでしょうか。自分が利用するのは、どちらのどのような性質を踏まえてのことなのか、ということを知っておくといいですね。


スポンサードリンク

■ 本サイト人気コンテンツ

★ 種類と特徴
★ ゲルマニウム温浴とは
★ がん治療に効果あり?!
★ 飲む量の目安