■  無機ゲルマニウム


無機ゲルマニウムとは、ゲルマニウム元素の結晶や、ゲルマニウム元素を使った合金、化合物のことをさしています。こうした無機ゲルマニウムは、石炭からも抽出することができ、欧米では盛んに利用されるようになります。

1900年代半ばには、トランジスタやダイオードなどの発明がなされたために、エレクトロニクス工業の中心として無機ゲルマニウムが利用されるようになり、一気に広がっていきました。実は、このように工業用に使われてきた無機ゲルマニウムですが、非常に毒性が強いものだということがわかりました。ですから、無機ゲルマニウムは、最近色々な研究が進んでいる医学的効果を求めることができず、医療用としては使用しないこととされているのです。

ゲルマニウムを利用した健康法がブームになっていますが、これはあくまでも有機ゲルマニウムを利用したものであり、無機ゲルマニウムを利用するのは大変危険です。誤って服用してしまうと、死亡につながってしまう場合もあります。実際に死亡事故も起きていますので、無機ゲルマニウムは工業用であり、飲用、服用には向いていないのだ、ということをしっかりと理解しておきましょう。また、健康のために無機ゲルマニウムを利用しているケースが考えられるか、というと、ネックレスなどの形で利用していることはあるので、それも理解しておくといいでしょう。ただし、こうした状態での利用については、効果にかなり個人差がありますのでそれも理解しておきましょう。


スポンサードリンク

■ 本サイト人気コンテンツ

★ 種類と特徴
★ ゲルマニウム温浴とは
★ がん治療に効果あり?!
★ 飲む量の目安