■  有機ゲルマニウムの効能


高麗人参やにんにくなどの植物にも含まれている有機ゲルマニウムは半導体です。ですから電気に対して反応する働きを持っています。相手方がプラスの電気を帯びていれば自分はマイナスの電気を帯びるようになり、相手がマイナスであればその逆の働きをします。

このようにして電気を帯びたものと結びつくという性質があります。開発され作られるようになった有機ゲルマニウムは水溶性であるため、水に溶けてイオン化する、という特徴もあります。イオン化すると、マイナスイオンとして働きます。こうしてゲルマニウムから放出された無数のマイナスイオンは私たちの体でこりや痛みに働きかけます。人体には微量の電流が流れています。そして、体内に異常が出れば、神経細胞の伝達によって異常な信号が流れるといわれています。この生体電流がこりや痛みを引き起こすとされているのです。そこに働きかけるのがゲルマニウムであり、生体電流を活性化させて細胞内のバランスを整えていくのです。

ゲルマニウムは華氏32℃以上で変化をし始めるといわれていますが、この状態になったときにより働きが強くなるようです。また、水溶性の有機ゲルマニウムが血液中の活性酸素に働きかけ、血液の流れを正常に整えていきます。また、新陳代謝が活発になる、という作用もありますし、そのほかにも免疫機能を強化する作用や抗がん作用、抗ウィルス作用などがあります。この点に注目が集まり、さまざまな研究が行われています。


スポンサードリンク

■ 本サイト人気コンテンツ

★ 種類と特徴
★ ゲルマニウム温浴とは
★ がん治療に効果あり?!
★ 飲む量の目安