■  飲む量の目安


ゲルマニウムは毎日飲むことのできるサプリメントとして開発されている商品です。しかし、先ほどからお話しているように、飲み方によっては危険なこともある半導体なのです。有害である、というだけではなく、時には死にいたってしまうような状況を引き起こしかねません。それは、無機ゲルマニウムと有機ゲルマニウムの違いをしっかりと把握し、体に安全なゲルマニウムを選ぶ、ということが大前提になりますが、それだけではなく、有機ゲルマニウムであっても、適量を飲む、ということが大切になってくるのです。

有機ゲルマニウムであれば、大きな副作用もなく、致死量というような量もないといわれています。ただし、一定の量以上をとっても、効果はそれ以上大きくならない、というものなのです。目的がなんであるかによって服用の量は多少の差があります。健康を維持することが目的であれば、1日の服用の量は250r〜1gが適量であるといわれています。水に溶かすなどして飲むことが多いですね。また、がんに効果を発揮してもらいたい、など、病気の改善を目的として飲む場合には、健康の維持が目的の場合の2倍〜3倍の量を目安にしましょう。ただし、上限が設けられているわけではないので、体調などによって増量することにも問題はないと思われます。

こうしたゲルマニウムの服用の量を決めるときには、必ず専門家の指示を仰ぎ、自分の体調も考慮に入れて決めるようにしましょう。安全に服用できるように考えたいですね。


スポンサードリンク

■ 本サイト人気コンテンツ

★ 種類と特徴
★ ゲルマニウム温浴とは
★ がん治療に効果あり?!
★ 飲む量の目安